トップ > 岐阜 > 7月10日の記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜

大津の惨劇を忘れるな 土岐で園児散歩コース点検

消えかかった白線について意見を交わす多治見署員ら=土岐市泉町河合で

写真

 大津市で五月、軽乗用車が歩道に突っ込んで園児二人が死亡するなどした事故を受け、多治見署などは九日、土岐市泉町河合のみつば保育園の散歩コースを巡回し、安全性を点検した。

 署は、管内の保育園や幼稚園に散歩コースを教えてもらい、順次点検する方針。同園のコースは、ガードレールなどの防護柵のない交差点を含んでいるため、他園に先駆けて点検した。

 同園には一〜四歳児五十五人がおり、春と秋の遠足に出かける前などに四百〜八百メートルほどの距離を散歩している。

 点検には、署員や市、県多治見土木事務所の職員ら十五人ほどが参加。園近くの道では、歩道と車道を分ける白線が消えかかっていることや、県道交差点への防護柵の設置方法などで意見交換した。同園の長崎美里園長は「安全対策を気にかけてもらい、ありがたい」と話した。

 (斎藤航輝)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索