トップ > 岐阜 > 6月11日の記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜

柳ケ瀬舞台の映画に満席 木場監督「地元盛り上げたい」

舞台あいさつする(右から)木場監督、もりとみさんら出演者たち=岐阜市日ノ出町のシネックスで

写真

 岐阜市の柳ケ瀬商店街の一角、岐阜高島屋南地区を舞台に、着工前に撮影した短編映画「柳ケ瀬ダンジョン」の試写会が九日、商店街の映画館「シネックス」であった。百九十二席のホールは満席となり、上映後は大きな拍手が起こった。

 柳ケ瀬ダンジョンは、地方出身の役者を、故郷を舞台にした作品に登場させる木場(こば)明義監督(45)=東京都=のオムニバス映画「地元ピース!」の一編。すでに失われた柳ケ瀬の風景がスクリーンに広がり、観客は懐かしみながら見入った。

 上映後、木場監督や、岐阜編の主役を務めた女優のもりとみ舞さん(36)らがあいさつ。木場監督は「こんなに多くの人に来てもらえるなんて。第二弾、第三弾とつなげて、地元を盛り上げていきたい」、もりとみさんは「撮影はトラブル続きだったので、無事に終わってほっとした。再開発地区の映像が広がって、私自身、胸がいっぱいになった」と話した。

 作品は今後、映画祭に出品したり、全国の映画館に売り込んだりするという。

 (下條大樹)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索