トップ > 岐阜 > 5月25日の記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜

「裏切り枡」小早川秀秋モチーフに 大橋量器が発売

秀秋をモチーフにした「裏切り枡」=大垣市西外側町の枡工房ますやで

写真

 大垣市西外側町の木升製造「大橋量器」は二十五日、関ケ原の戦いで西軍から東軍に寝返った武将小早川秀秋をモチーフにした「裏切り枡(ます)」を発売する。

 関ケ原町で同日に始まる小早川をテーマにした武将イベントに合わせて製作。六・七センチ四方、高さ四・七センチの五勺(しゃく)升で、側面二面に小早川の家紋「違い鎌」をあしらった。底面を丸く削り、置くと揺れ動くようにしたことで、合戦時の小早川の心境を表現した。

 県産品の開発販売を手掛ける県の第三セクター「岐阜県名産販売」からイベントに向けた商品づくりを依頼され、底に丸みを持たせた既存商品「ゆれます」をアレンジした。素材には主に木曽や東濃産の国産ヒノキを使った。

 営業部の有尾健さん(27)は「お酒にのまれて揺れながら、小早川の気持ちに思いをはせてもらえれば」と話す。関ケ原町の関ケ原駅前観光交流館と同社併設の「枡工房ますや」で販売。九百八十円で限定六十個。(問)大橋量器=0584(78)5468

 (芝野享平)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索