トップ > 岐阜 > 4月30日の記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜

登山シーズンの安全願う 岐阜・長野県境、恵那山の山開き

アルプホルンを響かせて、山開きを祝う大桑アルプホルンクラブのメンバーら=岐阜・長野県境の富士見台高原で

写真

 岐阜・長野県境にまたがる恵那山(二、一九一メートル)と富士見台高原の山開きが二十九日、同高原であり、数百人の登山者や地元関係者らが登山シーズン中の安全を祈った。

 恵那山は、作家深田久弥が選んだ日本百名山のうちの一つで、登山者に人気がある。山開きのイベントは、中津川観光協会と株式会社「阿智☆昼神観光局」(長野県阿智村)が毎年開催している。

 神事の後、「阿智☆昼神観光局」の白沢裕次社長が「一年間の安全を願うとともに、阿智村と中津川市が一緒に観光振興を図りましょう」とあいさつ。大桑アルプホルンクラブ(長野県大桑村)とアルプホルンなごや(名古屋市)のメンバー二十人が、オリジナル曲「夜明け」など六曲をアルプホルンで演奏し、花を添えた。もち投げなどのアトラクションもあった。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索