トップ > 岐阜 > 3月15日の記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜

春の高山祭まで1カ月 JR高山駅前にのぼり旗

駅前に設置された2本ののぼり旗=JR高山駅で

写真

 春の高山祭(四月十四、十五日)まで一カ月となった十四日、高山市のJR高山駅前に、祭りをPRするのぼり旗とちょうちんがお目見えした。四月十六日まで設置される。

 のぼり旗は二本あり、いずれも高さ十五メートル。白地に大きな黒文字で「飛騨高山祭」と書かれた旗が、ヒノキのさおに取り付けられている。

 のぼり旗は毎年、市内の企業などでつくる高山祭協賛会が設置している。この日は地元の建設業者がクレーンでつり上げて立て、観光客らの目を引いた。

 春の高山祭は、日枝神社(高山市城山)の例祭。祭りの屋台行事は、秋の祭りと併せて国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されている。市は二日間で二十万人の来場者を見込む。観光課の服田宙(はったそら)さん(30)は「平成最後の高山祭なので、たくさんの人でにぎわい、桜の咲くきれいな春祭りになってほしい」と話していた。

 (横田浩熙)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索