トップ > 福井 > 12月3日の記事一覧 > 記事

ここから本文

福井

くぐってみよう、光のトンネル ゆめおーれ勝山

織姫ゆめちゃんを背景に写真を撮ってもらう子どもたち=勝山市のはたや記念館ゆめおーれ勝山で

写真

 勝山市のはたや記念館ゆめおーれ勝山で1日、イルミネーション「織姫ゆめちゃん、光の国」が始まった。昨年よりも5000個増やした発光ダイオード(LED)約1万8000個が点灯され、幻想的な光の空間が広がっている。来年3月1日まで。

 同館が毎年実施している恒例イベント。昨年よりもグレードアップし、同館のイメージキャラクター「織姫ゆめちゃん」のオブジェの周囲に光のトンネルを設け、入り口には白や黄、ピンク色の花の形をしたランプで光の輪を作った。

 敷地内の樹木にはシャンパンゴールドと白のLEDを装飾し、華やかさを演出している。点灯は午後4〜10時(12月23日〜来年1月3日、2月22、23日は翌日午前零時まで延長)。

 訪れた人たちは、ゆめちゃんや光の輪の前で写真を撮るなどして楽しんでいた。

 家族4人で訪れた近くに住む自営業西野徹也さん(45)は「明るくてかわいく写真映えする。昨年よりも派手になった」と話した。

 イルミネーションのグレードアップのため、本年度も昨年度に続いてクラウドファンディングで費用を募っている。目標額は100万円で来年1月15日まで。インターネットのふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」で受け付けている。

 (畠中大介)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索