トップ > 福井 > 10月10日の記事一覧 > 記事

ここから本文

福井

全国走るよ「ジュラチック」 福井で装飾トラック出発式

「ジュラチック」のラッピングトラックの前で記念撮影をするラプト(左端)や園児ら=福井市の県電気ビル跡地駐車場で

写真

 県の公式恐竜ブランド「Juratic(ジュラチック)」のラッピングトラック3台が完成し8日、福井市大手2の県電気ビル跡地の駐車場で出発式があった。トラックは「富士運輸」(本社・奈良市)が手掛け、全国を巡る同社のドライバーらが、福井をPRする。

 県は、ジュラチックを通じた企業・団体との連携を推進している。今回は、今年1月に永平寺町内に福井支店を設けた同社が、県に装飾を要望した。

 いずれも13トンの大型トラックで、横10メートル、高さ、幅2.5メートルの荷台部分を装飾。敦賀市の無人島・水島の海岸で、ラプトやサウタンら計17体が遊ぶ様子や、ティッチーらが越前水仙に囲まれている姿を愛らしく描いている。

 出発式では、松岡弘晃社長が「全国からさらに観光客が来るよう、恐竜王国福井をPRしたい」とあいさつ。県交流文化部の白崎淳(すなお)部長は「迫力ある大きさで広告塔になる。冠山トンネルや中部縦貫自動車道の開通などを控える中での整備に感謝する」と謝辞を述べた。

 市内のあさむつこども園の園児によるダンスもあった。同社は、装飾したトラックで、関東地方や奈良県などに郵便物を配達する。

 (山口育江)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索