トップ > 福井 > 8月26日の記事一覧 > 記事

ここから本文

福井

恐竜像「地区シンボルに」設置 勝山・北谷町の施設

北谷町コミュニティセンター内に設置された恐竜モニュメント=勝山市北谷町河合で

写真

 勝山市の北谷町コミュニティセンターで二十五日、設置された恐竜モニュメントのお披露目式があった。

 モニュメントは、全長五メートル、土台を含めた高さ二・三メートル、重さ四百キロのティラノサウルス。同市村岡町寺尾のかつやまディノパークを経営する「ワック」(東京都)が六月、市に贈っていた。七月十六日から設置工事を行い、同三十日に同センター駐車スペースの一角に設置された。

 お披露目式には、山岸正裕市長や北谷町区長会長の佐々木貞夫さんら関係者三十人が出席。佐々木さんは「勝山の北の玄関にやっとモニュメントができた。地区のシンボルとして歓迎したい」と完成を喜んだ。

 式は、同日開催された同センター内の物販・観光スペース山の駅「よろっさ」のオープン四周年大感謝祭に合わせて行われた。

 (畠中大介)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索