トップ > 福井 > 4月23日の記事一覧 > 記事

ここから本文

福井

野菜育ててカレー作るぞ 大野でプロジェクト始動

夏に食べるカレーライスを楽しみにしながら、野菜の種に水やりをする子どもたち=大野市の良縁農園で

写真

 カレーライス作りに野菜栽培から取り組む大野市民有志による「マイ★カレーライス★プロジェクト」の本格的な取り組みが二十一日、同市日吉町の良縁農園で始まった。参加者らが夏のカレーライス作りに向け、夏野菜の種を植えるなどした。

 農業振興やまちなかの空き地対策を兼ね、試行的に実施した昨年に続く取り組み。近くの春日神社にある「良縁の樹」にちなんだ農園で作業し、メンバーやその家族、近くの子どもたち計二十六人が参加した。幅〇・六メートル、高さ〇・三メートル、長さ三十メートルの特製プランター四基を置き、夏野菜のジャガイモの種芋と枝豆、カボチャの種をそれぞれ植えた。

 参加者の大半が農業の素人。野菜作りを勉強してきたメンバーが、種を植える前に野菜栽培の基礎知識を指導し、子どもたちと一緒に除草用のマルチシートを敷いて穴を空けて種を植え、水やりに励んだ。

 メンバーは協力して無農薬栽培に励むほか、トウモロコシ、オクラ、ホウレンソウ、カボチャを自宅で育て、良縁農園の野菜と一緒にカレーライスの具にして食べる。八月下旬からは秋野菜にも挑戦する。

 川端慎哉代表(44)は「地域の世代交流につながるし、空き地を使った活動が広がってほしい。天候に恵まれ、おいしい野菜のカレーライスを食べられたら」と話した。

 (山内道朗)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索