トップ > 福井 > 3月13日の記事一覧 > 記事

ここから本文

福井

地酒を飲み比べ 福井で23日に新酒まつり

 県内二十五の蔵元の日本酒を飲み比べできる人気イベント「越前・若狭の地酒 春の新酒まつり2019」が二十三日、福井市のフェニックス・プラザで開かれる。

 入場者は小さな特製グラスを受け取り、各蔵元のブースに並んで新酒や大吟醸酒などを飲める。開催は午後一時半〜同五時(最終入場同四時)で、前売り券は二千円、当日券は二千五百円。

 おつまみのほか、前掛けなどの蔵元グッズ、地酒を使ったスイーツも販売する。県酒造組合が毎年開催しており、十回目。前売り券はファミリーマート、蔵元・酒販売店、フェニックス・プラザなどで販売中。

 また福井鉄道とえちぜん鉄道は、電車を使って会場に行ってもらおうと、一日フリー乗車券と入場券をお得なセット価格で販売している。

 (問)県酒造組合=0776(66)1234

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索