トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

東京都「週末、外出自粛を」 感染急増、1日で41人

写真

 東京都の小池百合子知事は二十五日夜、都庁で緊急記者会見を開き、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、今週末は不要不急の外出を避けるよう要請した。平日はできるだけ自宅で仕事を行い、夜間も外出を控えるよう求めた。同日新たに四十一人の感染者が確認されたことを明らかにし「オーバーシュート(爆発的患者急増)を防ぐ重大局面」と強調、危機意識を持つよう呼び掛けた。東京での外出自粛要請は初めて。

 共同通信の集計では、四十一人は都道府県による一日の発表人数としてもこれまでで最多。うち十三人は経路が不明で、海外渡航歴があるのは五人。十一人は、既に感染者や死者が出ていた永寿総合病院(台東区)の医療従事者や患者らで、都はクラスター(感染者集団)が形成された可能性があるとみて立ち入り調査した。

 小池氏は都内のロックダウン(都市封鎖)を今すぐに実施する状況ではないとの認識を示した。都内は、首都圏を中心とした他の自治体間で通勤や通学などの往来が多いため「近隣県の知事と連携を取るためにテレビ会議などを検討している」とした。

 新学期から予定していた学校の再開についても「どうあるべきか改めて検討したい」と述べた。

◆国内感染2000人超

 国内では二十五日、新たに九十六人の感染が確認された。クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客乗員やチャーター機による帰国者を含めた累計は二千十六人となった。亡くなったのは北海道の高齢男性と愛知県の七十代女性で、死者は五十五人となった。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索