トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

和歌山の男性医師が感染 国内の医師で初

 和歌山県は十三日、県内に住む五十代の男性外科医が新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。肺炎を発症し入院している。国内の医師の感染判明は初めて。外科医は同県湯浅町の済生会有田病院に勤務しており、一月三十一日に発熱、その後二日間は休んだものの、微熱が続く中、解熱剤を飲みながら三日間勤務した。

 県は院内で接触した人らのウイルス検査を進める。同じ外科の同僚医師一人と受診した患者三人にも肺炎の症状があるという。病院は新規の患者受け入れを停止。入院患者には院内にとどまってもらい、通院患者向けには接触者外来を設ける。

 県によると、外科医は今月八日にコンピューター断層撮影装置(CT)による検査で肺炎の症状が見られたため、十日に入院した。発熱前十四日間の海外渡航歴はない。

 県は十三日、対策本部を設置。仁坂吉伸知事は「どんな人と接触したか分からない職業なので、感染経路を慎重に調べる。落ち着いて、手洗いやうがい、マスクの着用を徹底してほしい」と呼び掛けた。

 和歌山県に隣接する奈良県では一月二十八日、中国湖北省武漢市からのツアー客を乗せた六十代の男性バス運転手が、日本人で初めて感染したことが判明。京都市でも市内の物販店で働く二十代の中国人男性の感染が明らかになっている。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索