トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

「疑惑追及国会」スタート 辞任2大臣ら詳細語らず

 山積する疑惑を、安倍政権はどう説明するのか。カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件や「桜を見る会」に関する問題、昨年辞任した二人の前大臣らが持たれる公選法違反の疑い…。二十日開会した通常国会に登院した議員は「政治不信を招いた」などと謝罪の言葉を口にしたが、詳しい説明はないまま。政権と追及を強める野党が激しい攻防を繰り広げることになりそうだ。

 自民党の河井克行衆院議員は、妻の案里参院議員が初当選した昨夏参院選の選挙期間中、車上運動員に法定上限を超える報酬を支払ったとの週刊誌報道を受け昨年十月、法相を辞任。公選法違反容疑で捜査している広島地検が事務所を家宅捜索した今月十五日、夫妻は報道陣の取材に応じ謝罪した。

(左)記者の質問に答える自民党の菅原一秀前経産相 (中)自民党の河井克行前法相 (右)自民党の河井案里参院議員=いずれも20日午前、国会で

写真

 夫妻は二十日午前、国会で「政治不信を招き、おわびする」などと重ねて謝罪。捜査に河井氏は「発言を慎む」、案里氏は「捜査の区切りが付いたら説明したい」と話すのみだった。

 地元東京都練馬区の有権者に秘書が香典を手渡したとして、昨年十月に経済産業相を辞任した自民党の菅原一秀衆院議員も国会で取材に応じ「多くの皆さまにご迷惑を掛けた」と謝罪した。

 菅原氏は辞任後、三カ月近く公の場に姿を現していなかった。自身の疑惑が公選法違反容疑で東京地検に告発されていることに「当局の要請があれば誠意を持って協力する。適切な時期に説明をしたい」と述べた。

 IR汚職事件を巡っては、贈賄の疑いを持たれている中国企業「500ドットコム」側が現金を渡したと供述した五人の衆院議員のうち、受領を否定した船橋利実氏は二十日、国会に姿を見せ安倍晋三首相に頭を下げたが、取材には「説明することはない」と話した。

 同社側から百万円を受け取ったことを認め、日本維新の会を除名処分となった下地幹郎氏は取材に「しゃべらんよ」と述べただけだった。

 収賄容疑で逮捕、起訴された秋元司衆院議員らと二〇一七年に中国を訪れ、500ドットコムの経営トップと面会するなどしていた白須賀貴樹衆院議員は国会で「捜査中なのでコメントを避けたい」とした。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索