トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

トヨタ、自動運転「レクサス」今秋発売 高速道路で合流、追い越し

自動運転機能で前方車両を追い越した後、走行車線に戻るレクサスLSのコンセプト車=東京都内の首都高速道路で

写真

 トヨタ自動車は二〇二〇年秋ごろに、高速道路で合流や車線変更、追い越しまで自動でできる車を、最上級「レクサス」ブランドで発売する。入り口から出口まで、ほぼすべての操作をシステムが担うことで、高速道路での自動運転を実現させる。より難しい一般道での自動運転も、東京五輪の開催に合わせ東京都内で実験車両の試乗会を計画。「自動運転元年」と位置付けてきた今年、実用化に向けた動きを加速させる。

写真

 レクサスの最上級セダン・LSを一部改良。自動化機能を拡充する。現行型は高速道路で車線変更を自動でできるが、車の周辺を三六〇度監視するセンサーの性能や車両の制御能力をさらに高めるなどし、自動で本線への合流や追い越しもできるようにする。運転の主体は人で、運転者がハンドルを保持する必要があるとみられるが、同一車線内での手放し走行も可能となる見通し。

 他のメーカーでは、日産自動車や独BMWが高速道路で、一定の条件下で手放し走行できる自動運転車を発売済み。トヨタが一部改良するレクサスLSを含め、運転者が前方を注視する必要のある自動運転「レベル2」の技術となる。緊急時に直ちに対応できる状態であれば前方注視の必要がない「レベル3」は、政府も実用化に向けた法整備を推進。ホンダが同レベル相当の技術を搭載した車両投入を今夏に検討するなど、各社がしのぎを削る。

 トヨタは、一般道の自動運転も二〇年代前半の実用化を目指す。今年七〜九月には、限定エリアでシステムがすべて操作する「レベル4」の自動運転車の一般向け試乗会を東京・お台場地区で開催。信号や歩行者への対応など、高速道路よりも複雑な交通環境の一般道を想定した自動運転技術を披露し、送迎など、次世代移動サービスの導入に向けたデータを収集する。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索