トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

流行語大賞に「ワンチーム」 トップ10に「令和」「タピる」

写真
写真

 今年話題になった言葉に贈られる「現代用語の基礎知識選 2019ユーキャン新語・流行語大賞」が二日発表され、年間大賞にラグビー・ワールドカップ(W杯)日本代表のスローガン「ONE TEAM(ワンチーム)」が選ばれた。

 トップテンには、台風接近に伴い鉄道各社が実施した「計画運休」、タピオカ入りドリンクを飲むことを指す「タピる」が入賞。ヒールのある靴の着用強制に反対する運動「#KuToo(クートゥー)」、新元号「令和」も選ばれた。

 表彰式で日本ラグビー協会の森重隆会長は「一生懸命応援していただき結果を残すことができた」と述べた=写真。途中、感極まって言葉に詰まる場面も。来年の東京五輪への意気込みを聞かれると「やるだけやります」、二三年のW杯フランス大会については「これ以上の成績を残します」と答え、会場を沸かせた。

 #KuToo運動を始めた女優でライターの石川優実さん(32)は「アクションを起こした全ての人が受賞者。こんな運動をしなくても良い社会になることを祈っています」と話した。

 トップテンにはほかに「軽減税率」、スマートフォン決済を表す「○○ペイ」が選出された。

 選考委員特別賞は、米大リーグ、マリナーズなどで活躍したイチローさん(46)が三月の引退会見で述べた「後悔などあろうはずがありません」が受賞した。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索