トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

大阪万博の開幕日、数週間前倒し検討 大型連休と重複回避

 政府が二〇二五年大阪・関西万博の開催期間について、現在予定している五月三日〜十一月三日から数週間前倒しする方向で検討を進めていることが十六日、分かった。大型連休と開幕が重ならないように日程を変え、周辺の混雑や混乱を回避する目的とみられる。関係者が明らかにした。

 経済産業省は、与党や大阪府などとの調整を今後進める。博覧会国際事務局(BIE)に提出する計画に新たな開催期間を明記する方針だ。

 大阪・関西万博は大阪市の人工島・夢洲(ゆめしま)で開催される。期間中に二千八百万人の来場を見込んでいる。

 BIEの登録対象となる国際博覧会の開催期間は、条約で六週間以上六カ月以内とされており、閉幕日も開幕に合わせて繰り上がる。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索