トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

クマ襲撃、最悪ペース 本年度、全国で130人超死傷

白山麓のブナオ山で遊ぶツキノワグマ=4月、石川県白山市で(県白山自然保護センター提供)

写真

 人里などに出没した野生のクマに襲われ、死傷した人が本年度、中部地方をはじめ全国で百三十人を超えたことが、各都道府県への取材で分かった。過去十年間で最悪に迫る勢いとなっており、エサのドングリの不作などが原因とみられる。秋の行楽シーズンが本格化する中、専門家は「特に冬眠前のこの時期は、体力のある大型のクマが活発になる」と警戒を呼び掛けている。

 クマが生息していたり、生息する可能性があったりする三十四都道府県に本紙が取材したところ、本年度は十二日現在で死者が宮城県の一人、負傷者は百三十五人。同じ都道府県を対象にした環境省の統計と比べると、全体では、過去十年間で既に二番目に多く、最悪だった二〇一〇年度の一年分(百五十人)に迫る。

 都道府県別で最多は新潟の十八人。記録のある一九九四年度以降で最悪となっている。十月十八日には魚沼市の住宅地で、四十〜六十代の男女四人が相次いで襲われて負傷した。次いで岩手が十六人、岐阜、秋田両県が十三人。中部地方ではほかに、福井で勝山市などの九人が負傷し、過去十年で最悪となった。長野は八人で、愛知と滋賀は各一人。三重はゼロだった。

◆エサのドングリ凶作、人里へ

 統計のある〇四年度以降で最多となった岐阜県ではエサのドングリがブナ、ミズナラ、コナラのいずれも凶作。県は、クマが食べ物を求め人里近くまで下りてきたのが一因とみる。

 NPO法人「日本ツキノワグマ研究所」(広島県)の米田一彦理事長(71)は「今年は各地でクマが人家周辺の柿などを食べに来ている。雪が降って冬眠の季節を迎えても、なかなか山に帰らないクマも出てくるかもしれない」と指摘する。

 (浜崎陽介)

写真
 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索