トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

素材に慰安婦像、展示不可 伊勢市展

ポスター「私は誰ですか」のオリジナル(右)と、慰安婦を象徴する少女像の写真部分(作品左上)に黒い粘着テープを張った修正版を見る花井利彦さん=30日午後、三重県伊勢市で(板津亮兵撮影)

写真

 三重県伊勢市で二十九日から開催中の市美術展覧会(市展)で、運営委員の一人が「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」の騒動を受けて制作した作品に対し、市側が展示不可としたことが三十日、分かった。戦時中の慰安婦を象徴する少女像の写真がコラージュされており、市側は「展示をすれば市民の安全を損なう恐れがある」を理由とする。作家は「表現の自由を侵す行為。訴訟も見据えている」と強く反発している。

 問題視されたのは、同市柏町のグラフィックデザイナー花井利彦さん(64)が制作したB2判のポスター「私は誰ですか」。黒を背景に、赤く塗られた手のひらと石を配し、左上には中国人従軍慰安婦像の写真をコラージュした。「私は誰ですか」と中国語、ハングル、英語、日本語で添えてある。「表現の不自由」をテーマにしたという。

 花井さんは、日本グラフィックデザイナー協会の会員。伊勢市内の中学校の校章や、一月にオープンした市立伊勢総合病院の新病棟のロゴタイプも手掛けた。市展にも、八年前から審査委員や運営委員として関わっている。

 市展では今回、市民らから公募した絵画、写真などから入選・入賞作と、審査・運営委員らの計約二百五十点を展示。市教委によると、花井さんの作品は運営委員の作品として二十日に搬入された。正式に展示見合わせを伝えたのは開幕直前の二十八日。市教委文化振興課の山口一馬課長は「あいちトリエンナーレで注目を浴びた『平和の少女像』と、それに伴う混乱を予想させるとして、慰安婦像の写真の使用を問題視した」という。

 その後、花井さんは像の部分を黒インクでぼやかしたり、黒い粘着テープを張ったりと三度手直しをして会場に展示するよう訴えたが、市側は三十日に鈴木健一市長らの判断も仰ぎ、展示不可と再度伝えた。

 鈴木市長は取材に、「あいちトリエンナーレでは脅迫やテロ行為の予告もあった。われわれは市民の生命と財産、運営の安全性を第一優先に考えて判断した」と答えた。花井さんは「市側の検閲で、憲法違反だ」と憤っている。

 (足達優人)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索