トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

週末の雨、被災地警戒

雨に備え、自宅裏の斜面に掛けたブルーシートを確認する男性=18日午前、宮城県丸森町で

写真

 気象庁は十八日、前線や低気圧の影響により、関東や東北、静岡県で十九日にかけて大雨となる所があるとして、河川の増水や氾濫、土砂災害、低い土地の浸水に警戒するよう呼び掛けた。台風19号の被災地域では、通常より少ない雨量で洪水や土砂災害の危険度が高まる可能性があるとしている。宮城県丸森町では十八日午前から雨が降り始めた。

 気象庁によると、日本の南に停滞している前線が本州付近に北上。十九日朝には前線上の関東で低気圧が発生し、別の低気圧も十九日夕にかけて北陸や東北を進む見込み。東北を含む東日本の広い範囲で雨が降り、特に十八日夜遅くから十九日昼すぎには太平洋側沿岸部を中心に激しい雨が降ると予想される。

 十九日午前六時までの二十四時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、静岡県や伊豆諸島が一二〇ミリ、関東甲信一〇〇ミリ、東北太平洋側五〇ミリ。

 台風19号で記録的豪雨が降った地域では、河川の堤防などが損傷を受けたり地盤が緩んだりしている所がある。気象庁は二次災害に警戒するとともに、災害復旧作業への影響に十分留意する必要があるとした。

◆避難所生活11都県4000人、死者78人に

写真

 被災地域では十八日も各地で捜索が続いた。共同通信の集計で死者は十二都県の七十八人。行方不明者は十人とみられる。同日午前、福島県郡山市の増水した川の付近で、行方不明になっていた同県天栄村の男児(10)とみられる遺体が見つかった。

 土石流や崖崩れなどの土砂災害は十八日午前五時現在、二十都県で計三百三十八件確認された。堤防の決壊は十七日午後一時時点で七県の六十八河川百二十五カ所。十八日午前六時時点で、避難所での生活を余儀なくされているのは十一都県の四千九十二人。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索