トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

躍る炎がアユ追い込む 下呂「火ぶり漁」

たいまつを振りアユを追い込む「火ぶり漁」=11日夜、岐阜県下呂市の馬瀬川で(6秒間露光、布藤哲矢撮影)

写真

 たいまつの火でアユを追い込む「火ぶり漁」が11日夜、岐阜県下呂市の馬瀬川であった。地元の「鮎(あゆ)とり隊」の11人が川に網を張り、3メートルの竹ざお先端に、灯油を染み込ませた布をつるした。午後7時半、布に火を付け、7人が竹ざおを手に川へ入った。

 「ホー、ホー」とアユを追い込む声に合わせ、竹ざおを振ると、明かりに驚いたアユが次々に網にかかった。水辺ではかがり火もたかれ、観光客らが川面を照らす明かりに見入った。同隊代表の小池直喜さん(57)は「伝統の漁法を若い人らが知り、受け継いでいってもらいたい」と話した。

 2012年から観光客向けに披露されている。16、18日にも行われる予定。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索