トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

物乞いへ、砂漠3000キロ越え 子に命じた母「食べるため」

ニジェール南部カンシェで、「物乞いなどしたくなかった」と話すウゼイル・アブ

写真
写真

 ぎらつく太陽が、鍬(くわ)を持つヒジャブ(髪を覆うスカーフ)姿の女性たちに照り付ける。気温四〇度。砂の荒野に規則正しく並ぶ頼りなげな緑の葉を見て、それが畑だと気付いた。西アフリカ・ニジェール南部ザンデール州カンシェの農村。二〇一四年以降、アルジェリアから強制送還されたニジェール人は三万人を超え、75%がここの出身だ。

 十五歳の少年ウゼイル・アブは電気、水道、ガスのない、土壁の家々が迷路のように入り組む村に住む。学校には行かず、家の水くみや農作業を手伝う日々。一日一食あればいい方だ。

 一年前、母(40)からアルジェリアに行く隣人の男について行けと命じられた。切れ長の目に弧を描く長いまつげを伏せ、つぶやいた。「物乞いをするために行くことは知っていた」

 密入国業者のトラックでサハラ砂漠を越えた。灼熱(しゃくねつ)の昼と凍える夜に耐えながら、故郷から三千キロ離れた地中海沿いの街オランにたどり着いた。案内されたアラブ人の家の離れには男の子四人と女の子二人。みんな物乞いだった。

 「初めての日は恥ずかしかった」。ウゼイルは水をすくうように両の手のひらを合わせた。「朝五時のお祈りの後、毎日こうやって路上で誰彼かまわずに手を出した」。稼ぎは一日二千CFAフラン(約三百五十円)ほど。「仲間と殴り合いのけんかをし、アラブ人が仲間を犯すのも見た。でも、一度も帰ろうとは思わなかった」。毎日金を預けていた隣人の男が、母に送金していると信じていた。

 数カ月後、警察に捕まり強制送還された。母はウゼイルを叱り、もう一度行けと言った。金を持ち逃げした男とは連絡が取れていない。両親は借金してまで、ウゼイルの密入国費四万CFAフラン(約七千円)を捻出した。わが子に物乞いさせることに抵抗はないのか。母は毅然(きぜん)として答えた。「食べるためだ。他に思いつかない」

 「物乞いなどしたくなかった」と言うウゼイル。でも、母のことは大好きだという。砂漠を越えた時と同じTシャツ。彼はこの服しか持っていない。=敬称略

 (カンシェで、沢田千秋、写真も)

 <ニジェールと移民> 人口約2000万人のうち95%がイスラム教徒。国土の8割がサハラ砂漠に覆われる。18歳未満の児童婚率76%、合計特殊出生率7・2は共に世界1位。人口は20年後に倍増の予測で、人口爆発や気候変動による耕作地の減少など、複合的な要因で貧困が加速し多くの移民を生む。西アフリカ諸国から欧州を目指す移民の多くが、中部の砂漠の街アガデスを経由する。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると、今年1〜6月、スペイン、イタリア、ギリシャに渡った移民の17%は西アフリカ出身。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索