トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

大型台風、西日本上陸へ Uターンラッシュ直撃

写真

 大型の台風10号は十五日にかけて四国から九州に最接近し、上陸する見通し。Uターンラッシュと重なり、交通機関の乱れは帰省客の足を直撃しそうだ。十五日はJR西日本が山陽新幹線の新大阪−小倉間で運転を終日見合わせる。

 台風10号は十四日午後八時現在、鹿児島・種子島の東約一六〇キロを時速約一五キロで北に進んだ。中心気圧は九六五ヘクトパスカル、最大瞬間風速は四〇メートル。

 ◇ 

 台風10号の接近により、東海地方は十五日、各地で激しい風雨に見舞われる見込み。十六日未明にかけ、一時間で最大八〇ミリの雨量が予想される。動きが遅いため雷を伴う大雨が長く続き、三重県南部で降り始めからの雨量が一〇〇〇ミリを超す可能性もある。

写真

 気象庁によると、台風が最も近づく十六日午前六時までの二十四時間の予想雨量は、愛知県で三〇〇〜四〇〇ミリ、岐阜県で三〇〇〜五〇〇ミリ、三重県で六〇〇〜八〇〇ミリ。予想される最大風速(最大瞬間風速)は愛知県一六メートル(三〇メートル)、岐阜県一五メートル(三〇メートル)、三重県一八メートル(三〇メートル)。

 十四日午後六時現在で、三重県の広範囲に大雨警報と波浪警報、愛知県の一部に波浪警報が出され、十五日は沿岸部で高波に警戒が必要となる。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索