トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

ココカラとマツキヨが統合協議 スギは交渉終了

写真

 ドラッグストア大手のココカラファイン(横浜市)は十四日、同業のマツモトキヨシホールディングス(千葉県松戸市)と経営統合に向けた協議を始めると発表した。統合が実現すれば、売上高は一兆円規模となり、業界トップになる。

 スギホールディングス(愛知県大府市)もココカラに経営統合を打診していたが、ココカラはマツキヨとの統合の方が相乗効果が見込めると判断した。統合時期などの詳細は今後詰める。マツキヨに独占交渉権を与えて協議を進め、基本合意を交わした上で最終契約を締結する意向だ。

 スギは十四日、ココカラとの経営統合協議を終了すると発表した。売上高で業界七位のココカラは、五位のマツキヨと資本業務提携に向けた協議を始めると四月に公表した。直後に六位のスギから経営統合の提案を受け、六月に協議入りを発表した。

 その後、マツキヨはココカラとの経営統合を検討していると明らかにした。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索