トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

中国、即位の礼に副主席 参列を調整、対日関係重視

王岐山氏

写真

 【北京=中沢穣】中国の王岐山(おうきざん)国家副主席が、十月二十二日に行われる天皇陛下の「即位礼正殿の儀」参列のため、来日する方向で調整していることが分かった。日中外交筋が明らかにした。盟友とされる王氏の派遣で、習近平(しゅうきんぺい)国家主席は対日関係を重視する姿勢を示す意向とみられる。

 日中韓首脳会談に伴う安倍晋三首相の訪中も十二月を軸に調整が進められているほか、来春には習氏の国賓での来日も控え、日中間の相互往来が一層加速しそうだ。来日時は安倍首相らと会談するとみられる。

 一九九〇年に行われた前回の即位の礼では、中国から共産党政治局員の呉学謙(ごがくけん)副首相(当時)が参列した。王氏は最高指導部の政治局常務委員を務めた経験があり、呉氏よりも格上として位置づけられる。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索