トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

丸木舟の実験航海が完結 台湾から200キロ以上離れた与那国島に到着

沖縄県・与那国島の港に到着した国立科学博物館チームの丸木舟=9日午前(同博物館提供)

写真
写真

 三万年前、日本人の祖先がどのように海を越えてきたかを探る実験航海に挑んだ国立科学博物館のチームが九日、丸木舟で台湾から二百キロ以上離れた沖縄県・与那国島に到着、実験は成功した。

 地図や時計は持たず、星や太陽の位置で方角を判断しながらの旅。流れの速い黒潮を横切り、夜を徹して丸二日近くこぎ続けた。

 エンジン付きの船で丸木舟に付き添ったチーム代表の海部陽介・同博物館人類史研究グループ長(50)は「一時は方向を見失いどうなるかと思ったが、到着でき本当によかった」と話した。こぎ手の五人は疲れているが健康状態に問題はないという。こぎ手のキャプテン、原康司さん(47)は上陸後、「完璧な航海だった」と語った。

 日本列島には、朝鮮半島やサハリンからとは別に、大陸と地続きだった台湾から海を越えて渡来した人々がいたと考えられている。ただ、どんな舟や航海技術を使ったかは分かっていない。今回の方法が実際に使われたとは限らないが、当時の技術水準を知る手掛かりになりそうだ。

 チームは二〇一六年以降、草の舟や竹の舟で実験したが、黒潮を渡りきれる速度が出せず失敗。最後の挑戦となる今回は丸木舟を使うことにした。

 石おので杉を切り倒し、中をくりぬいた舟で、長さ約七・五メートル、幅約七十センチ。シーカヤックの熟練者ら男女五人が乗り、伴走船とともに七日午後、台湾東岸を出発していた。

 <日本列島への移住> 旧石器時代の遺跡は国内で1万カ所以上見つかっており、最も古い3万8000年前ごろに現生人類が大陸から日本列島に移住したと考えられている。主なルートは「朝鮮半島から対馬を経て北部九州」「台湾から沖縄」「サハリンから北海道」の三つが想定される。当時は寒冷で、海水面が今より80メートルほど低かったものの、対馬海峡や沖縄−台湾間、津軽海峡は地続きではなく、本州や九州に渡るには海を越える必要があったとみられる。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索