トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

米軍佐世保基地、公道で銃携行させる 地位協定違反

 在日米海軍佐世保基地(長崎県)の日本人警備員が今月二〜十日ごろ、同基地警備隊の指示で、実弾入りの拳銃を携行したまま基地外の公道を歩き、飛び地となっている基地の別施設に移動していたことが分かった。米軍基地内の日本人従業員の銃携行は日米地位協定で認められているが、基地外では同協定違反になり、日本の銃刀法違反にあたる疑いもある。防衛省は事前に米軍側に中止を要請したが、実施された。実施後も中止を求めたが、しばらく続いていた。

 米軍基地の日本人警備員は全国の米軍基地で勤務しており、同様の問題が起こりかねない。防衛省は「再発防止を米側と協議する」としている。

 同省や基地従業員でつくる全駐留軍労働組合(全駐労)長崎地区本部などによると、米軍側は、同基地のバックゲート(通称・立神(たてがみ)ゲート)と呼ばれる出入り口から、約六十メートル離れた飛び地の別の米軍施設(車両検査場)に銃を携行したまま歩いて移動し、業務にあたるよう指示。経路の五十メートル弱は、基地フェンスの外ではあるものの米軍区域内だが、十数メートルは区域外の佐世保市道を横断することになるため、警備員は法令違反を懸念。だが同基地の警備担当者は「問題ない」と説明したという。

 携行したのは、基地内の警備業務で通常所持する自動式拳銃。十五発の実弾が装てんされ、予備弾倉(十五発入り)も二つ所持していた。五月二日から、四日の土曜日と五日の日曜日を除き、少なくとも九日まで実施された。延べ約二十人が行ったとみられる。

 現場は米軍や海上自衛隊の関係車両のほか、民間企業の車両が通行。明治期の旧日本海軍のゆかりの建物「立神煉瓦(れんが)倉庫群」に近く、一般の観光車両や観光客も通るという。

 防衛省は実施前の四月二十四日、全駐労から情報を把握し、地位協定に反するとして在日米軍司令部(東京都)に口頭で中止を要請。大型連休後の五月七日、同労組から実施されたとの通報を受けて、再び口頭でやめるよう求めた。

 その後も続いたため、八日に同省労務管理課長名で即時中止と再発防止を求める文書を同司令部の担当部署あてに発出。九日に米大使館などに要請したところ、十日になって、やめたことが確認された。以降は米軍人がいったん銃を預かった上で、車両で移動する通常の施設間移動の方法に切り替わったという。

 防衛省労務管理課は「日米地位協定違反の行為であり遺憾だ」と話している。

 在日米軍司令部広報部は取材に「関係部署と回答内容を調整中」としている。

 <米軍基地の日本人警備員> 日本政府が人件費を支払う米軍基地の日本人従業員の一職種。軍人や軍属ではないが、日米地位協定上、米軍の指示で、米軍施設・区域内は銃の携行は認められる。拳銃のほかショットガンなどを持つことがある。基地外での携行は2008年、沖縄の海兵隊基地の日本人警備員が、米側の指示で銃携行のまま車両で基地間を移動したことが発覚。日本政府は「当然認められない」との見解を閣議決定した。一方、米軍人は、日米地位協定に基づき、基地外でも公務中の武器携行が認められている。

写真
 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索