トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

中部空港社長に犬塚氏 5代続けてトヨタ出身

犬塚力氏

写真

 中部国際空港会社(愛知県常滑市)は、トヨタ自動車の金融子会社トヨタファイナンシャルサービス(TFS、名古屋市)元社長の犬塚力氏(60)を社長に迎えるトップ人事を固めた。現社長友添雅直氏(65)を含め会社設立から五代続けてトヨタ出身者が社長を務める。六月の株主総会と取締役会を経て正式決定する。

 犬塚氏はトヨタ自動車で常務役員を務め、北米の事業に関わるなど海外経験が豊富。国際線などの路線誘致に手腕を発揮できると判断した。二〇一五年から一七年までTFS社長を務め、現在は監査役。

 友添氏は北米トヨタ上級副社長などを経て、一五年に空港会社社長。格安航空会社(LCC)の誘致など路線網拡大に尽力し、LCC向け新ターミナルの今年九月開業への道筋を付けた。

 <犬塚力氏(いぬづか・りき)> 京都大卒。82年トヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)入社。11年常務役員。15年トヨタファイナンシャルサービス社長、18年同社監査役。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索