トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

はしか、98カ国で患者増 ユニセフ発表

 【ジュネーブ=共同】国連児童基金(ユニセフ)は一日、二〇一八年のはしかの感染数が世界九十八カ国で一七年より増加し、今年に入ってもウクライナ、フィリピンで急増するなど世界規模で流行していると発表した。重症化すると死に至ることもあり、特に子どもの感染防止が重要だとして予防接種の徹底を訴えた。

 アジアでも感染は拡大傾向にあり、フィリピンでは今年に入り一万二千人以上が感染、早くも昨年一年間の約一万六千人に迫る勢いだ。死者も二百人以上出ている。日本は二〇一五年に、世界保健機関(WHO)から土着のウイルスによる感染がない排除状態と認定された。しかし海外で感染した人が持ち込む「輸入症例」がきっかけとみられる集団感染が毎年のように発生。一九年も大阪府や三重県などで計二百二十人以上の感染が確認されており、過去十年で最多ペースだ。

 国立感染症研究所は流行国に渡航予定のある人にワクチン接種歴を確認するなど予防を心掛けるよう呼び掛けている。

 ユニセフによると、一七年と比べ一八年の患者数が大幅に増えたのはウクライナ、フィリピン、ブラジル、タイ、フランスなど十カ国。特にウクライナでは三万人以上増え、今年一〜二月の二カ月で新たに約二万四千人が感染した。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索