トップ > 子育て with KIDS > すくすくねっと一覧 > 記事

ここから本文

子育て with KIDS 「すくすくねっと」

暗いと眠れない3歳

三歳の長女は寝室の電気がついていないと眠れません。親子四人でベッドを並べて寝ています。娘が寝てから明かりを消しますが、深夜に起きると、「暗い」「怖い」と泣いてしまいます。妻と一歳の次女は明るくても眠れるようですが、父親の私はぐっすり眠れず困っています。(愛知県、32歳)

◇こうしたら!

真っ暗だと眠れない五歳の息子は、暗い場所で光る小石をペットボトルに入れて、布団の中に潜ります。幼いころ、怖いことがあって親に訴えた時、いつも「怖くない」と言い聞かされて終わりでした。納得できなかったので、息子が楽しめることをしようと思いました。(岐阜県可児市、33歳)

        ◇

枕元にライトを置きました。天井からの光がなくなり、親は楽になりました。最近は、絵本を読み聞かせた後で消して真っ暗にしても、息子は寝付けるようになりました。(愛知県豊橋市、41歳)

        ◇

年長から小学六年の子ども四人が布団を並べて寝ています。成長に応じて、どの子も暗いと怖がる時期があったため、寝室の電気は消しますが、別の部屋から光が差し込むようにしていました。まぶしがる子にはアイマスクをさせました。(愛知県豊川市、40歳)

        ◇

どうして怖いのか、娘さんに聞いてみては。親の姿が見えないのが怖いなら、「どこにも行かないよ」などと安心できるように話してみるのもいいでしょう。(岐阜県岐南町、36歳)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索