トップ > 特集・連載 > 西濃あるある > 記事一覧 > 記事

ここから本文

西濃あるある

<西濃あるある> 揖斐川町春日地区 さざれ石の一大産地

◆ラグビー日本、結束の象徴

 国歌のさざれ石は、揖斐川町春日地区(旧春日村)で産出された。(神戸町、60代男性ほか1人)

伊吹山のふもとにある県天然記念物のさざれ石=揖斐川町春日川合で

写真
写真

 日本代表が史上初となるベスト8入りを果たし、列島全体が熱狂したラグビーワールドカップ(W杯)日本大会。躍進の陰では、国歌「君が代」にも歌われる「さざれ石」が、チームをまとめる象徴として役割を果たしたとされる。このさざれ石、揖斐川町春日地区(旧春日村)が一大産地。住民らは地域の誇りとして大切に守り続けている。 (山本拓海)

 ♪さざれ石の 巌(いわお)となりて 苔(こけ)のむすまで−

 十月二十日にあった南アフリカとの準々決勝の国歌斉唱。日本代表フィフティーンが肩を組んで「君が代」を歌う中、スクラムハーフの流大(ながれゆたか)選手は目を真っ赤にして泣いていた。

 「さざれ石」の学名は「石灰質角礫岩(れきがん)」。石灰石が長い時間をかけて雨水で溶け、小さな石を固めてできるそうだ。まさしく、日本代表チームが掲げたスローガン「ワンチーム」に通じるものがある。

写真

 そういえば、W杯開幕の直前、宮崎県で強化合宿をした日本代表は、日本最大級のさざれ石がある日向市の大御神社を参拝し、全員で君が代を歌っていた。代表チームには海外にルーツを持つ選手も多い。その一人でもあるリーチ・マイケル主将が「この文化や国歌を知ることは大切」と力を込めていたのが印象的で、その後、大会組織委員会には、揖斐川町からさざれ石が届けられたという。

巨大なさざれ石の前で国歌を熱唱する日本代表の選手たち=宮崎県日向市で

写真

 「小さな石が巨大な岩になり、苔がむすまで」という限りなく長い時間をイメージさせる象徴として、君が代に登場するさざれ石。実は、元となった歌が平安時代に詠まれ、日本最初の勅撰(ちょくせん)和歌集「古今和歌集」に収録されている。

 わが君は千代に八千代にさざれ石の巌となりて苔のむすまで(読み人知らず)

旧春日村で見つかったさざれ石について報じる1961年4月7日の中部日本新聞の西濃版の記事

写真

 旧春日村の資料をめくると、こうあった。文徳天皇の息子惟喬(これたか)親王の命で椀(わん)生地用の木材を探し求めた藤原石位左衛門(いしいざえもん)が、春日地区から近江や京都へ行き来した際に渓流でさざれ石を発見。「めでたい石だ」と感じ、宮中で「わが君は−」の歌を詠んだ−。

 ロマンを感じる話だが、記録上、実際に春日地区でさざれ石が確認されたのは、一九六一(昭和三十六)年と、今からまだ六十年ほど前のこと。旧春日村を流れる揖斐川支流の粕川で、地元の石の研究家が見つけたとされる。中日新聞の前身、中部日本新聞は、四月七日付の西濃版で「君が代の“巌となりてこけのむすまで”の外観そのままの石である」と報じている。

 その後、さざれ石は七七(昭和五十二)年、岐阜県の天然記念物に指定され、これまでの調査研究では、少なくとも岐阜、滋賀両県にまたがる伊吹山周辺で産出することが分かっている。その一方で、年代や生成過程、分布などは、謎に包まれたまま。揖斐川町は現在、専門家に依頼して調査を進めている。

 十一月中旬、県天然記念物の巨大さざれ石が置かれている春日地区の「さざれ石公園」に向かった。

 大垣市から車で一時間ほど。粕川支流の長谷川沿いを走った先のそこは、木々が赤や黄に色づき始めていた。スマートフォンの地図で位置を確認すると、伊吹山のすぐ東の麓あたりだ。

 車を降り、沢の音を聞きながら、アスファルトと丸太で舗装された階段を膝を目いっぱい上げて進み、五分ちょっと。人けのない広場にたたずむ巨石には、どこか厳かな雰囲気が漂う。

写真

 一帯で産出した石は、昭和天皇や歴代首相などに贈られ、今年は天皇陛下の即位を祝って天皇、皇后両陛下に届けられる献上品にも選ばれた。

 石の周辺は、地元出身者ら百五十人でつくる「日本さざれ石の会」が年一回、しめ縄を張り替えたり、清掃活動を続けたりして守っている。藤原修身会長代行(76)=揖斐川町春日小宮神=は「人々の団結にも重なるさざれ石の意味を、海外出身の選手にも理解してもらえていることに驚いた。春日のさざれ石を知ってもらうため、まずは揖斐川町全体で関心を高めていきたい」と話す。

 西濃では当たり前でも、他の地域では知られていない常識や文化・習慣、街の情報、あるいは故郷の自慢といったトリビア「西濃あるある」を読者の皆さんから募集します。

 「西濃あるある」に採用された方には、図書カード(1000円分)をプレゼントします。応募は、住所、名前、連絡先を明記し、〒503 0893 大垣市藤江町6の82の4 中日新聞大垣支局へ。ファクス0584(74)6460、メール(oogaki@chunichi.co.jp)でも受け付けます。

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索