トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

スタンプラリー、沿線に活気 2月11日から 四日市あすなろう鉄道 

スタンプラリーの台紙=大瀬古町子供と地域の環を育む会提供

写真

 四日市あすなろう鉄道の各駅や沿線に人を呼び込むスタンプラリーなどのイベントが2月11日から始まる。3月1日まで。スタンプを集めて最終日のイベントに参加すれば賞品が当たる。四日市四郷高校の生徒がチョコレートを配るバレンタイン列車も走る。沿線を中心に活動する市民団体「大瀬古町子供と地域の環を育む会」が企画した。

 スタンプは四日市、内部、日永、西日野、泊(とまり)、追分の各駅と、沿線にある四日市地域まちかど博物館など13カ所で押せる。台紙は四日市、内部の各駅や四日市市の全地区市民センターなどで配っている。

 3カ所以上のスタンプを集めると、3月1日に同市の南部丘陵公園北ゾーンで開かれるイベントのビンゴゲームに参加できる。イベントは、競技と遊びを合わせた「スポーツ鬼ごっこ」や、日永つんつくおどり体験などもある。

 バレンタイン列車は、2月11日の午前10時15分の四日市発と、同10時半の西日野発の往復電車で実施。四日市四郷高校書道部2年の7人が乗車してチョコを配る。同部は3月1日の南部丘陵公園北ゾーンのイベント会場で書道パフォーマンスを披露する。

 育む会の井上誠二さん(53)は「乗客を増やすだけでなく、若い世代による地域おこしになれば」と願う。イベントは市が主催し、企画は市民団体から募集。大瀬古町子供と地域の環を育む会は、5年前からバレンタイン列車を実施しており、スタンプラリーイベントは2回目。(問)井上さん=090(6916)6720

 (高島碧)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索