トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

N700S、7月1日から営業運転 東海道新幹線

 JR東海は、東海道新幹線で13年ぶりのフルモデルチェンジ車両となる新型の「N700S」の営業運転を東京五輪・パラリンピック開幕前の7月1日から始める。

 N700Sは、現在の主力車両「N700A」に似たデザインだが、先頭車の両サイドが角張っているのが特徴。先頭の形の改良で騒音や空気抵抗を抑え、横揺れを減らす制振制御装置も導入した。「S」は、N700系シリーズの中で「Supreme(最高の)」の車両を意味しているという。

 東海道新幹線ではこれまでと同様に16両編成で走らせるが、海外輸出を視野に8両や12両など短い編成にも組み替えられるようにしてある。

 一方、同社は、在来線に新型通勤車両「315系」を導入することを決めた。2020年に詳細設計などを進める。旧国鉄時代に製造され、現在関西線を中心に走っているステンレス製電車「211系」などと置き換える方針。

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索