トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

名鉄瀬戸線、祝80周年 ヘッドマーク付き車両の出発式

ヘッドマークを付けた車両の出発の合図をする山内駅長(左)とせとちゃん=瀬戸市の名鉄尾張瀬戸駅で

写真

 名鉄瀬戸線の誕生80周年を記念したヘッドマークなどを付けた車両の出発式が1日、瀬戸市の名鉄瀬戸線尾張瀬戸駅であり、多くの愛好家らが詰め掛けた。

 瀬戸線は、瀬戸電気鉄道と名古屋鉄道が合併して1939年9月1日に誕生。現在は瀬戸市の尾張瀬戸駅と名古屋市の栄町駅間を運行している。

 ヘッドマークは、80周年記念と、9月に瀬戸市内で開かれるせともの祭などをPRするものの4種類。10月上旬ごろまで付けるという。

 出発式には、尾張瀬戸駅第27代目駅長の山内信行さん(59)と瀬戸市のご当地キャラクター「せとちゃん」が出席。山内駅長は「90年、100年と、安全に快適にお客さまを運び続ける努力をしていく」とあいさつ。せとちゃんと一緒に出発の合図をして車両を見送った。

 出発式の様子を撮影していた江南市布袋中学校2年の駒田尚紀さん(14)は「こういうイベントは初めて。瀬戸線は昔から走って歴史があるのが魅力。記念切符も手に入れたのでうれしい」と笑顔を見せた。

 (吉本章紀)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索