トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

全線開通60周年を祝う JR紀勢線、熊野市駅で住民ら

名古屋駅に向けて出発する記念列車=JR熊野市駅で

写真

 JR紀勢線の全線開通60周年を記念する式典が15日、熊野市駅であり、関係者や住民らが祝った。

 紀勢線は、亀山駅と和歌山市駅を結ぶ384・2キロで、紀伊半島の主に沿岸部を通る。1959(昭和34)年7月15日に、三木里(尾鷲市)−新鹿(熊野市)間がつながり、全線開通した。

 式典では、出席したJR東海の鈴木広士取締役執行役員が「熊野には世界遺産登録15周年を迎えた熊野古道があり、非常に熱い夏になる。盛り上げていきたい」とあいさつ。河上敢二・熊野市長も出席した。

 式典後、特別改札口がお目見えし、記念列車の乗客が列を作った。愛知県豊橋市から訪れた会社員河合公紀さん(37)は「1カ月前から楽しみにしていた。海岸の景色が楽しみ」と期待した。記念列車は、ヘッドマークに特急「ワイドビュー南紀」とハマユウがデザインされており、約200人を乗せて名古屋駅に向け出発。住民や式典の出席者らが手を振って見送った。

 全線開通した60年前に機関士をしていた伊勢市の東浦武夫さん(91)は「全通した当時はたくさんの人が喜んでいた。感慨深い」と目を細めた。

 (木造康博)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索