トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

AIが質問応答 近鉄、ウェブサイトで試験運用

近鉄が試験運用を始めた自動応答システムの画面

写真

 近畿日本鉄道は、人工知能(AI)技術を活用し、利用客の問い合わせに応じる自動応答システム「近鉄ご利用ガイド」の試験運用を同社ウェブサイトで始めた。

 問い合わせ内容として、乗車券や特急券などの購入方法▽インターネット予約・発売サービスの利用案内▽ダイヤが乱れた際の対応−などを想定。利用者が質問内容を入力すると回答が表示されるが、入力内容によっては「お役に立てず申し訳ありません」と返される場合もある。パソコンやスマートフォンなどから利用でき、訪日外国人向けの英語版もある。

 電話やメールでの問い合わせにも対応する中、新システムを導入することに、同社は「時間帯や曜日にかかわらず即時に回答を提供できる」(担当者)と利点を強調。「質問内容をAIに学習させ、回答できる質問の幅を広げていきたい」と話している。同種のシステムは名古屋鉄道が今年1月から本格運用している。

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索