トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

今年も「アロマトレイン」運行 伊賀鉄道、7月15日まで

香り袋やリボンで飾られた車内で「ラベンダーきっぷ」を手にする担当者=伊賀市上野丸之内で

写真

 伊賀鉄道は今年も車内をラベンダーの香りで包む「アロマ&フラワートレイン」の運行を始めた。青と緑色の忍者列車のうち各1両を淡い青や紫のリボンで彩る。7月15日まで。

 ラベンダーの季節に合わせ、メナード青山リゾートと伊賀鉄道が企画。今年はキャンディー形の香り袋をつるしたほか、網棚の忍者の人形がミニ花束を抱えている。

 リゾートのハーブガーデンでは、今月下旬から7月上旬にかけて、約1ヘクタールでラベンダーが見頃を迎える。列車の運行期間中、花の収穫や香り袋作りなどができるフェスタを開催している。

 上野市駅と伊賀神戸駅で各200枚限定で販売する「ラベンダーきっぷ」(360円)があれば、入園料が半額の大人540円になる。

 各担当者は「車内の香りや見た目を楽しんでもらい、その足で実物のラベンダーを見に来て」と呼び掛ける。1時間ごとに伊賀神戸駅発着の無料送迎バスがある。

 (問)上野市駅=0595(21)3231、メナード=0595(54)1326

 (飯盛結衣)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索