トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

北陸新幹線4駅舎、コンセプトそれぞれ 福井県庁で模型展示

北陸新幹線敦賀開業に向け、県内で整備される福井駅舎の模型(手前)などが飾られている会場=福井県庁で

写真

 2023年春の北陸新幹線敦賀開業に向け、福井県内で整備される4駅舎の模型の展示が17日、県庁ホールで始まった。21日まで。

 4駅は、芦原温泉、福井、南越(仮称)、敦賀。外観や内装のデザインは4月に発表されたが、「奥行きや外装についても、県民がさらにイメージしやすいように」(県新幹線建設推進課)と企画した。同課によると、模型の一般公開は初めて。

 福井駅舎は、開放的なガラス面と、縦に平行に並んだ木調が印象的なデザイン。コンセプトは「太古から未来へ〜悠久の歴史と自然がみえる駅〜」で、県産木材をふんだんに使い、和のイメージとなっている。

 敦賀駅舎は、コンコースの天井全体を北前船の帆をイメージしている。各駅舎の概要をまとめたポスター6枚も飾っている。来庁者は、「きれいになるね」「開業されたら、利用したい」などと話しながら、さまざまな角度から模型を眺めていた。

 (山口育江)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索