トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

362キロの潜在能力 新型新幹線、最高速度試験

 JR東海は6日深夜、東海道新幹線で来年7月デビュー予定の新型車両「N700S」を時速360キロで走らせる試験を報道陣に初公開した。

 試験区間は同新幹線の米原−京都間の下り線。午後11時40分すぎ、米原駅を出発して速度を上げ、約8分後に360キロに達した。約45秒間にわたり速度を保ち、最高速度は362キロを記録した。

 JR東海によると、東海道新幹線の営業運転の最高速度は285キロ。360キロでの走行は、営業運転時とほぼ同じ仕様による車両での試験速度としては過去最速で、5月24日に初めて成功した。

 同社は、N700Sを営業運転に投入しても最高時速285キロを維持する方針。試験は、米国や台湾などへの新幹線の海外輸出に向けた性能のアピールが狙いという。

 新幹線鉄道事業本部の上野雅之・副本部長は「N700Sの高い走行性能を国内外に示すことができた」と話した。

 N700Sは16両編成で、試験ではモーターを搭載する車両を現行の14両から16両に増やして走行した。東京五輪の開幕直前の来年7月上旬に営業運転を始め、2022年度末までに計40編成を投入する計画だ。

米原−京都間で時速362キロを記録した、東海道新幹線の新型車両「N700S」の試験走行=6日夜

写真
 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索