トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

駅弁立ち売り、最終列車 美濃太田、愛されて60年

乗務員からねぎらいの言葉をかけられる酒向茂さん(中)=31日午後、岐阜県美濃加茂市の美濃太田駅長良川鉄道ホームで

写真

 長い間、ご苦労さま−。東海地方ではJR美濃太田駅(岐阜県美濃加茂市)だけに残っていた駅弁の立ち売りが31日、幕を下ろした。名物「松茸(まつたけ)の釜飯」を売り続けて60年。一人でホームに立ってきた仕出店「向龍館(こうりゅうかん)」社長の酒向茂さん(75)は、ファンらのねぎらいを受けながら「ありがたいこっちゃ」と笑顔で営業を締めくくった。

 この日、太多線・高山線のホーム端にある売店前には朝から行列ができ、昼前には40人近くが並んだ。「えらいこっちゃ」。茂さんは応援の妹に店番を任せ、駅近くの本店へ。足りなくなった陶製の器を取りに同県多治見市の業者にも走り、妻の素子さん(72)らと釜飯作りに追われた。

 立ち売りの暇もなく、釜飯は午後3時ごろに300個ほどが完売した。5個を買った多治見市の会社員中村優依乃さん(31)は「亡き祖父が買ってくれた思い出の味。最後に家族みんなで食べて祖父にも供えます」。

 ファンが置いた店頭のノートには「長い間お疲れさま」「ありがとう」といった客からの伝言が詰まっていた。駅に戻った茂さんは「くたびれた」と息をつきつつ、ファンから花束を受け取ると「みんながかわいがってくれたから、やり切れたんよ」と目を細めた。

 父和男さんが1959(昭和34)年に釜飯を売りだし、茂さんも高校卒業後に手伝い始めた。70〜80年代、同駅は木曽川の日本ライン下りに向かう人らでにぎわい、釜飯は日に300〜400個売れた。ホームが隣接する長良川鉄道の美濃太田駅でも売った。

 車両の窓が開かなくなり、停車時間も短くなった近年は一日10個も売れなくなった。「世の中が便利になるほど立ち売りはあかんくなった」と茂さん。30人ほどの従業員も手放し、数年前からは夫婦2人で年中無休で切り盛りしてきた。

 「体がえろうなって」と立ち売りの終了を決断。本店の営業は続け、1日はホームで観光列車の乗客向けに臨時営業する。茂さんは売店を閉めた後、駅弁を入れる箱を首から下げ、駅を後にした。「明日からは自分の人生を楽しむよ」

 (平井一敏)

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索