トップ > 特集・連載 > 鉄道まるっと切り抜き帳 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

鉄道まるっと切り抜き帳

鉄道アナウンスのカラオケ楽曲を配信 名古屋のエクシング 

名鉄の車内や駅構内のアナウンスを楽曲にしたカラオケ画面=エクシング提供

写真

 通信カラオケ大手のエクシング(名古屋市)は4日、名古屋鉄道の車内アナウンスを体験できる「楽曲」の配信を始めた。直営店ジョイサウンドを中心に楽しめ、運転席からの景色や電車の音などとともに乗務員気分を味わえる。2016年に始めた「鉄道カラオケ」の新作で、東海地方の鉄道会社では名鉄が初めて。

 名鉄の協力の下、ミュースカイ中部国際空港行きの名鉄名古屋−金山間など区間ごとのアナウンスを5曲、超過密ダイヤで知られる名鉄名古屋駅の構内アナウンスを2曲、計7曲を用意した。アナウンスのタイミングを秒単位で調整し、「鉄道ファンにも納得してもらえる仕上がり」(エクシング担当者)という。

 カラオケ店「ジョイサウンド金山店」(名古屋市)では、名鉄車両の運転席を模したカラオケルームの設置準備を進めており、担当者は「多くの人たちに楽しんでもらいたい」と話している。

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索