トップ > 特集・連載 > 尾張万華鏡 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

尾張万華鏡

アンブレラフラワー 梅雨もルンルン7色

撮影データレンズ17−35ミリ、F20、1/320秒、ISO200

写真

 カラフルなビニール傘がフワフワ。気分はなんだかルンルン。

 名古屋市千種区の商業施設「星が丘テラス」で開催中の「アンブレラフラワー」。赤、オレンジ、紫、青、白、黄、水色。通路から見上げると、青空に七色の花が咲く。ワイヤを通してつるした傘は、五カ所で計三百五十本。陽光を浴びると、足元にも花を咲かせる。

 「カワイイ」とスマートフォンで撮影する人が、あちこちに。営業部の岩本利達さん(27)は「インスタグラム(写真共有アプリ)に投稿され、火が付いた」と話す。

 客足が遠のく梅雨の時季の仕掛け。ヒントは、ポルトガルの小さな町アゲダの芸術祭だった。日差しの強い夏に開かれるため、アートとともに、熱中症対策として、たくさんの傘を浮かべた。

 「アンブレラフラワー」は七月二日まで。好評につき、来年以降も続けるという。ただし、雨は遮ってくれません。雲行きが怪しいときは、傘を忘れずに。それで安心。

 写真・中村千春

  文・塚田真裕

 
<この写真をご希望の方は> 掲載写真をお分けします 中日新聞フォトサービス

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

バックナンバー

Search | 検索