トップ > 特集・連載 > ニュースを問う > 記事一覧 > 記事

ここから本文

ニュースを問う

琉球民族の遺骨返還問題(1)収集の正当性 深世古峻一(京都支局)

百按司墓の前で思いを語る玉城さん=沖縄県今帰仁村で

写真

 自らの「黒歴史」と向き合うのは、簡単なことではない。当時の価値観で正当性があっても、現在の価値観で誤っている場合、どうするのか、という問題だ。個人であれば「良心」に従っての判断になる。組織になると、なぜ、それができないのか。

 「親族や地域の了解も得ずに墓から遺骨を持ち出すのは、たとえ研究目的といっても、侮辱的な行為。遺族に返すのは当然なのに、京都大は話もしない、見せもしない、質問にもちゃんと答えてもくれない」

 京大に琉球民族遺骨の返還などを求めている訴訟の原告団長で、龍谷大教授(島しょ経済学)の松島泰勝さん(56)はあきれたように話す。原告団は統一王朝をつくった第一尚(しょう)氏の子孫二人と松島さん、照屋寛徳衆院議員、彫刻家の金城実さんの五人。憲法二〇条の信教の自由が侵害され、遺骨返還を求める権利を明記した「先住民族の権利に関する国連宣言」(二〇〇七年)にも反しているとし、遺骨の返還、慰謝料五十万円などを求めて昨年十二月、京都地裁に提訴した。原告らが「祭祀(さいし)継承者」として遺骨の所有権を有しているかが争点となる。

◆昭和初期からの研究

 ことの発端は、九十年ほど前の昭和初期にさかのぼる。

 京都帝国大(現京大)医学部解剖学教室の金関(かなせき)丈夫助教授(当時)が一九二八年から二年にわたり、沖縄県今帰仁村(なきじんそん)の中世の遺構「百按司(むむじゃな)墓」(村指定有形文化財)など沖縄各地から研究のために遺骨を持ち去った。金関氏はその後転勤した台北帝国大(現台湾大)にも一部を持ち込んでおり、同大は今年三月、六十三体の遺骨を県に返還した。うち三十三体が百按司墓から持ち出されたとみられる。

 「百按司」とは「多くの按司(地方豪族)の墓」の意味。木々が生い茂った崖の中腹にある洞窟のようなくぼみを墓とし、十五世紀前後から遺体が風葬されてきた。

 現地を訪れた。運天港を見渡す人けのない高台。明治期につくられた石壁の上から半洞窟内の墓をのぞくと、お骨を納めたいくつものつぼがあり、つぼからこぼれたと思われる人骨がいくつか見えた。人骨研究で貴重とされる頭蓋骨が見当たらないのは、金関氏に持ち出されたからとみられる。琉球王国をつくった第一尚氏の子孫で原告の一人、玉城毅さん(69)=沖縄県うるま市=は「自分にとって百按司は文化財ではない。おじい、おばあ、先祖から続く遺骨。それを金関は子孫に承諾なしで全部とっていった」と憤った。

 人骨収集は、大日本帝国による統治の正統性を理由付けるため、本土と沖縄やアイヌ民族が同じ祖先を持つことを立証するのが目的だったとみられる。北海道大も戦前のほぼ同時期にアイヌ民族の遺骨を収集していた。

 松島さんが解説する。

 「彼(金関氏)は百按司墓から持ち去った人骨に関して論文を残していないが、全体としては『琉球人は日本人である』という同化の記述が多い。金関の指導役で京大の清野謙次教授が千四百体ぐらいの人骨を集めた『清野コレクション』の一部にするという目的があったのだと思う。清野は骨が集まれば集まるほど、日本人のルーツがはっきりとわかるという研究をしていた」

◆日本人のルーツたどる

 北大は、裁判でアイヌ民族側と和解し一部返還に応じた。京大がかたくなに返還に応じないのはなぜか。松島さんは「現在はDNA鑑定が主流になって、人骨から日本人のルーツがたどれるということになり、人骨が研究データとして非常に重要だということ。だから京大は返さないのでしょう」と推測した。

 訴訟で、京大は遺骨持ち出しの際、県の許可を得たことを理由に正当性を主張した。しかし、戦前の大日本帝国の時代に、その研究が国の統治政策と何らかの関連があって行われたのであれば、当時の「県の許可」が果たして地元に主体性があってのことなのか、という疑問も湧く。

 「日本人研究者によって奪われた琉球人の遺骨が、日本人のルーツをたどるために使われる。これは新たな植民地主義ではないか」。松島さんは理不尽な統治の歴史と地続きになっている現代の沖縄問題をも直視するよう求めてもいる。

 京大は保管状況などを質問した本紙の取材に対し、広報課が「現在、順次調査を進めているが学術的観点からの精査を経た全体の正確な把握には時間を要する状況」とメールで回答。「個別のお問い合わせには応じられない」と取材拒否を続ける。

 京大の対応は、アカデミズムの雄として今の時代にふさわしいのか。琉球人遺骨を「研究目的」として持ち出した問題を、現代の視点で考えてみたい。

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索