トップ > 特集・連載 > ニュースを問う > 記事一覧 > 記事

ここから本文

ニュースを問う

株式会社「仙拓」の8年(5)仲間 秦融(編集委員)

 ともに重度の障害がありながら、特別支援学校を卒業後に株式会社「仙拓」を創業した自称「寝たきり社長」の佐藤仙務(ひさむ)さん(27)と、松元拓也さん(30)。八年間の道のりと、時代の先端を行く二人の夢を追う。

仙拓のホームページ。在宅勤務の高篠さん(左)、病室で働く宗本さんの画像もアップされている

写真

 創業四年目の二〇一四年、仙拓は初めて社員を採用した。「一緒に仕事をしませんか?」。見ず知らずの佐藤さんから突然送られてきたメッセージを宗本智之さん(40)は半信半疑で読んだ。筋肉が萎縮する難病の筋ジストロフィーで寝たきり生活。それでも理工系の大学院で博士号を取得した逸材だが、働くことは想像できなかった。当時の心境を「話が良すぎるというか、かなり警戒心を持ちました」と振り返る。

 「パソコンでできることなら何なりと」。そう返信し、依頼された仕事をしてほどなく、宗本さんの銀行口座に給与が振り込まれた。八千三百四十六円。その数字に、働いて収入を得た初めての実感があった。介護を続けてくれる母に、好物のチーズケーキを買った。「母への感謝の気持ちを形にすることができ、本当にうれしかった」。入院生活をしながら「社長についていきたい」と、仙拓でウェブ解析の仕事を続ける。

◆働ける喜びを感じて

 高篠里緒さん(24)は、佐藤さんと同じ愛知県立港特別支援学校を卒業後、新聞販売店で働き始めたが、体力的に続かなかった。生まれつきの筋肉の病気の影響で呼吸の力が弱く、常時、酸素吸入が欠かせない。外では電動車いすを使う。「お店のご夫婦は、体調のいい時だけでも、と引き止めてくれたけど無理だった」。十カ月で辞め、家で何もできずにいた時、学校の先輩を介して知り合った佐藤さんから入社を誘われた。

 「本当にうれしくて、在宅でなら今度こそは、という気持ちになった」。給与計算や入出金の取り扱い、請求書や契約書の発行、テレビ会議の時間調整を担い「『いないと困る〜』と言われる存在になりたい」と意気込む。

 宗本さんも、高篠さんも、能力がありながら埋もれていた人材。似た境遇というだけで採用が実現できたわけではない。「できないこと」より「できること」を優先する考えがあればこそ。佐藤さんと松元さんに一貫する、その「働き方の哲学」は、支援学校卒業後に打ちのめされた二人の体験に根差している。

 松元さんは卒業後、独学でウェブの資格を五つ取得しながら、ことごとく採用を断られた。「介助が要らない障害者なら、というところばかり。全然相手にされない。返事もない。起業は難しい、というけど、就職する方がはるかに難しかった」

 三歳下の佐藤さんは卒業前、パソコン技能を生かせる業務で「頑張れば月十万円くらい稼げる」好条件の施設に内定した。だが、実習の最後に思わぬ出来事が起こる。六十歳代らしき車いすの男性が「おまえ、ここから一人で帰るんだろうな」と聞いてきた。母の送迎だと言うと、全身が動かない佐藤さんに、あろうことか「ったく、親が甘やかしやがって。おまえみたいな軟弱障害者は、ろくな人生送れない」と言い放った。できないことを無理強いする言い草に猛烈な怒りが込み上げた。内定を断り、収まらない憤りのはけ口を求めて数日後に電話をした相手が松元さんだった。「拓ちゃん、聞いてくれる?」と言って、一気にまくしたてた。

 「親に送り迎えしてもらっているからって、軟弱障害者だなんて、ふざけんじゃないよ。僕たちのことなんか、全然分からないくせに」

 黙って聞いていた松元さんは突然げらげら笑いながら言った。「おまえばかだな。今ごろ分かったのかよ。あのな、今の日本ではさ、俺たちみたいな重度障害者のことを分かろうなんて、誰も思ってないんだよ。そんなこと、ずっと前に俺は分かってたよ」。佐藤さんが「でも、障害者でも働く場所が欲しいよ」とこぼすと、松元さんはクールに「残念だが、そんな場所ねえよ」と返した。

 「それなら二人で組んで仕事をしよう」。佐藤さんの言葉が起業の始まりだった。「雇ってもらえないなら自分たちで会社をつくろう」「よし、俺らでも仕事をして稼げるってところを証明してやろうぜ」。いつしか「同じ熱量で意気投合した」(松元さん)という。当時の佐藤さんの考えは、今も変わらない。

◆頼るのは悪じゃない

 「人に頼ることが悪、という考えは僕は違う。助けてもらってもいい。でも、自分のできることで何かを返す。何が社会に返せるか、を考える。そこを分かっていない人がすごく多くて。それで有能な人材が生かせないのは、本当に社会の損失だと思う」

 一人、また一人と仲間が加わる過程には、有能な人材が埋もれる社会を見返したい、という強烈な二人のエネルギーが、その中心にあった。

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索