トップ > 特集・連載 > ニュースを問う > 記事一覧 > 記事

ここから本文

ニュースを問う

株式会社「仙拓」の8年(2)初めての客 秦融(編集委員)

 ともに重度の障害がありながら、特別支援学校を卒業後に株式会社「仙拓」を創業した自称「寝たきり社長」の佐藤仙務(ひさむ)さん(27)と、松元拓也さん(30)。八年間の道のりと、時代の先端を行く二人の夢を追う。

仙拓を立ち上げた当時の佐藤仙務さん(2011年9月3日の中日新聞夕刊から)

写真

 右も左も分からないまま起業した二人には、立ち上げ当初の忘れられない思い出がいくつかある。その一つが、初めて名刺を依頼したお客さん。それは、佐藤さんの近所に住む伯母だった。

 「あれはインパクト大きかったですね。僕の伯母って、思ったことストレートに言うんですよ。ものすごく頑張って作って、まさかぼろくそに文句を言われるとは」

◆無知のスタート

 最初は「名刺を作る会社を始めたんだよ」「じゃあ、お願いしようかしら」という軽いノリの会話だった。佐藤さんが松元さんに「伯母に頼まれたんで、作ってあげて」と依頼。松元さんが複数のオリジナルデザインを見せると、佐藤さんは伯母に聞くこともなく「こんな感じで」と選んでしまった。

 「主婦の伯母からは『友達に渡すため』と言われたんです。バッグなどは派手な色だったので、その感じで進めた。当たり前だけど、普通は、伯母に見せて『これでどうか』と聞くじゃないですか。だけど、ぼくらは『できたよ』って。そりゃ文句を言うの当たり前ですよね」

 赤を基調にしたデザインの完成品を見せた途端、「えー、何だ、これ!」という反応。「夜のお店のお姉さんならともかく、主婦がこんな派手な名刺、どこで使えるの!」。当時は二十枚で五百円。「こんなのじゃ、五百円でも高いわ!」。すでに作ってしまい、後の祭りだった。

 「ぼくら、学校を出た後、仕事をしてたわけじゃなく、仕事のやり方がわからなかった。子どもの延長で、一般常識も足りてない、そんなレベルだったんですよ」と佐藤さんは苦笑い。だが、この出来事を前向きにとらえている。「これが赤の他人で『障害者に頼んであげる』ということで、気に入らなくても『ありがとう』となったら、二人ともだめになっていたと思う」

 不評だという連絡を佐藤さんから受け「言われてみれば、なんで見せなかったんだろうな」とつぶやいた松元さんも「もう悔しくて。やっちゃったな、おれ、甘く見てるんじゃないよ、自分、みたいな。その時に、クリエーター魂に火がついた。当たり前だけど、ご要望の情報が不十分なまま、既存のもので対応するだけではだめだ、と気づいた。で、もう一度作ったら、ご満足いただいたので」。

仙拓を立ち上げた当時の松元拓也さん(2011年9月3日の中日新聞夕刊から)

写真

 伯母の早川厚子さん(60)も当時を思い出して言う。

 「覚えています。名刺にも好みがありますよね。それなのに、赤色がかなり多い名刺で、友達に『こんなのをおいっ子が作ってさ』と笑いのネタにして配った」。笑いながら「その時、二人目のお客さんは小学校の先生で『お任せでいいよ、と言われた』と言ってて。見たら、そっちは逆に香典返しみたいなデザインに感じたので『一回は好意で頼んでくれるかもしれないけれど、こんなんでは二回目はないよ』と言いましたかね」と振り返った。

 身内での仕事を基本的に封印した二人は、本格的なビジネスの世界に乗り出す、とはいかなかった。仕事の取り方が分からないことに変わりはない。ある日、松元さんが佐藤さんに言った。「おまえが仕事を取って来てくれないと俺、何もできないよ」。まだ、二人きりの仙拓は社長の佐藤さんが営業を担っていた。

 「会社を立ち上げたら、誰かが仕事をくれると思っていたんだよね」(佐藤さん)「それは甘いだろ。障害者だからって仕事なんかくれないぜ」(松元さん)。そんなやりとりの後、佐藤さんがふと気づいた。

◆ネットで開拓へ

 「じゃあ、僕たちに仕事をくれたとすれば、それは障害の有る無しなんて関係がなくってことじゃない?」。松元さんも「確かにそうだな。案外ビジネス社会のほうが俺たちにとってバリアフリーなのかもしれないな」。その言葉で佐藤さんの営業魂に火が付いた。ネットで仙拓をPRし、面識のない相手にもSNSで積極的に営業を仕掛けていくことにしたのだ。

 「彼も自分が何ができるかわかっていなかったと思うので、苦しかったと思う。それが、SNSを使って営業ができることが分かり、それを武器にするようになった」(松元さん)

 とはいえ、本格的な社会の荒波はそこからだった。

 <脊髄性筋萎縮症(SMA)> 筋萎縮性側索硬化症(ALS)と同じ運動神経系の難病で、小児期に多く発症する。食事、入浴、寝返りなど全介助で睡眠時は人工呼吸器を装着。佐藤さん、松元さんともマウスのクリック程度以外の動作はほぼできない。

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索