トップ > 特集・連載 > 教育 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

教育

宿題以外勉強せず「3割」 文科省高2調査

写真

 高校二年生の三割は宿題をのぞく一日の勉強時間がゼロと答えたことが、文部科学省の調査で分かった。卒業後に進学を希望する生徒は勉強時間を長く確保する一方、就職希望の六割近くは、休日に授業の予習や復習などを全くしていなかった。望む進路によって、学習時間に差がついている状況が浮かんだ。

 文科省の担当者は「皆が前向きに勉強に取り組めるよう、授業などの改善に向けた検討を続けたい」と話している。

 二〇〇一年の特定日に生まれた子どもを毎年調査する「二十一世紀出生児縦断調査」の結果。高校二年生に相当する昨年に、約三万人が答えた。

 調査結果によると、高校などに通う男子の52・8%、女子の54・5%が大学進学を希望。就職希望は男子16・8%、女子10・5%だった。「進路を具体的に考えていない」は全体の8・3%で、前年より5ポイント減った。

 宿題をのぞく学校外での勉強時間を聞いたところ、平日は29・5%、休日は29・9%がゼロと回答。中学入学以降の調査で最も多くなった。

 卒業後の希望進路別に見た場合では、大学進学希望は休日に二時間以上が41・7%で、ゼロは18・0%。就職希望は休日に二時間以上が6・8%で、ゼロは57・1%だった。

 スマートフォンやタブレット、パソコンを一日に使う時間について、就職者らを含めて質問。平日に三時間以上としたのは44・5%で、休日は66・8%。六時間以上もそれぞれ、8・6%と19・6%いた。

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索