トップ > 特集・連載 > 教育 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

教育

<NIE講座>「新聞の力」実感する学習法(中) 地図で世界広げて

◆愛知教育大非常勤講師・市川正孝先生

愛知教育大非常勤講師・市川正孝先生

写真

 今回は文字通り「地理的空間」を広げます。居間に張れる大きさの日本地図と世界地図を用意してください。気に入った記事を読みながら、文中などに出てくる国名や県名、都市名をカラーペンで囲っていきましょう。

 例えば一面を注意深く読むと、いくつかの地名が載っています。原爆が投下された「長崎」、米軍基地の島「沖縄」、元陸上選手ウサイン・ボルトさんの「ジャマイカ」など…。居間の地図で地名を見つけたら、前回と同じように、付箋に番号と地名を書いて貼っていきましょう。

 時間があれば、地図帳で探すのも楽しいです。地図帳の索引を使えば、探し出した喜びも得られます。その土地の生産物や気候なども知ることができますね。地図で見つけた場所では何が起きているのか、悲しい戦争や災害の様子、勇気や希望を教えてくれる人々。付箋を貼りながら、想像力を働かせてみてください。

 新聞と地図であなたの世界はさらに広がります。デジタルの時代になっても、紙の新聞や辞書、地図の利用価値は大きいのです。

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索