トップ > 特集・連載 > 高校生・大学生 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

高校生・大学生

<あの頃> 女優・ピアニスト 松下奈緒さん

岡山県倉敷市内で(撮影・川北真三)

写真

 著名人が、まだ何者でもなかった時代を振り返る「あの頃」。今回は、女優でピアニストの松下奈緒さん(34)です。努力を継続する力、自分を信じて迷いをはね返す強さ、挑戦を楽しめる意欲。幼い頃からの目標や夢をかなえ、多彩に活躍し続ける極意を語ってもらいました。

     ◇     ◇

 −子どものころの夢は。

 母親がピアノの先生で、物心ついた時からピアノが家にあり、違和感なく三歳から習いました。小学生の頃は漠然と音楽に携わる仕事がしたいと思っていました。小六の時にドラマ「ロングバケーション」がはやって、大好きだった南ちゃん役の山口智子さんみたいになりたいって思っていました。単純に子どもの夢で、頭の片隅に置いていましたね。

 小学校の卒業式の謝恩会で、大好きな安室奈美恵さんの「CAN YOU CELEBRATE?」を弾いたら、みんなが感激してくれて。誰かのために音を奏でて喜んでもらえることが、こんなにもうれしいんだと初めて知りました。

 −東京音楽大に進みました。

 受験前はごはん以外はずっとピアノを弾いていましたね。音大を目指す子が多くいる中で、「あの人たちより劣ってる」と言われ、何も手につかなくなった時もありました。でも自信をなくしたら負け、うそでもいいから自信があるように見せてやろうと。こんなにやってきたんだから大丈夫と思っていました。

 合格発表の時は意外と冷静で、「ここからがスタート」と、うれしい感情と共に一瞬怖くなり、いろんなことを吸収しないと意味のないものになると身の引き締まる思いになりました。

 −そして、女優デビュー。

 大学生活は楽しかったのですが、音大に入るという一つの目標を達成すると、もう一つの夢もかなえたくなりました。欲張りだと思うのですが、いつも区切りをつけたら、次に違うことをやってみたくなる。

 大学二年で初めてドラマ出演が決まり撮影現場に行きましたが、お芝居を見るのとやるのでは全然違いました。緊張するあまり声が出なくなったり。想像していたことを百のうち十も発揮できない。「ただ言葉をしゃべるんだったら、誰でもできるよ」と監督に言われ、やっぱりそうなんだと思ったし、十九歳の私には重たい言葉でした。

 でも頑張って、経験をすればするほど女優で生かせると思いました。感情を記憶しておこう、うれしい時、悲しい時、人はどうするんだろうと、そんなことばかり考えてました。

 −音大生で女優。CDデビューもしてすごいです。

 朝五時の電車でロケ地に行って夜まで撮影し、帰って家で練習して翌朝は学校に行き、午後から撮影というような毎日。でも、二倍大変だけど二倍楽しいことが待っていたので、両立している実感もないまま、いつも追われて気持ちの余裕はないけれど、なんか楽しいという日々でした。

 −常に前向きです。

 のびのび育ったからじゃないですかね(笑)。チャンスをいただいて、楽しいこと、面白いことならやってみようというタイプ。やらないで後悔するくらいなら、やって後悔した方がいいと小さい時から思っていました。気持ち一つで結果が大きく変わることがあると在学中に気付きました。

 −それぞれの仕事の魅力は。

 見てくれる方、聴いてくれる方がいることがパワーになります。表現という意味では私の中では一緒です。ピアノも弾き方によって悲しく聞こえ、お芝居では悲しく泣くシーンで同様に泣いてくださる方がいる。言葉に乗せるのか、旋律に乗せるのかの違いだけ。ただ、音楽は長くやってきた分、どんな難しい役柄をやっていてもピアノを触ると、ふと素になれます。「まんぷく」の撮影時もNHKさんにお借りして弾いていました。長く続けて初めて分かることもありますね。

 これからも確実に一歩一歩やっていけることが理想で目標です。継続が一番難しいと音楽で学びました。

 −若者へメッセージを。

 人生は一度きり。誰かに言われたからでなく自分がちょっとでも続けたいと思ったことは、とことんやってみる価値が絶対ある。ただ、やりすぎて周りが見えなくなり人の話が聞けなくなるのは良くないので、頑張りすぎず、自分のやりたいことを信じ、気持ちで負けないことですね。

 (芦原千晶)

◆Profile

 <まつした・なお> 1985年、兵庫県出身。自然豊かな場所で育ち「虫を捕ったり魚を捕ったり日が暮れるまで遊んでいた」。両親と妹の4人家族。

東京音楽大を卒業時の松下奈緒さん=事務所提供

写真

 2003年東京音楽大・器楽専攻(ピアノ)へ入学。好きな作曲家はショパンとラフマニノフ。在学中の04年、ドラマ「仔犬のワルツ」で女優デビューし、06年ピアニストとしてファーストアルバムを出し、初ライブも。女優や音楽の仕事と学業を両立させ、卒業した=写真。

 10年のNHK朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」でヒロインを演じ、最近は同「まんぷく」で主人公の姉を好演。アーティストとしてはオリジナル曲を幅広く作曲し、主演映画で劇中曲の演奏を担うことも。先月、7枚目のオリジナルアルバム「Synchro」をリリース。4月27日に愛知県芸術劇場でコンサートを開く。

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索