トップ > 特集・連載 > 高校生・大学生 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

高校生・大学生

<キャンパス イチ推し> 名古屋外国語大 現代国際学特殊講義B

モルドバの大使(右端)や木村教授(右から2人目)らと写る筆者(同3人目)

写真

◆現代国際学部3年 稲垣宇乃さん(20)

 英語をしっかり学んで強みにしたいと、名古屋外国語大(愛知県日進市)に入りました。昨年アイルランドに一年留学。自信をつけた語学も使い、新たな世界を知りたいと思った時に出合ったのが「現代国際学特殊講義B」です。

 オムニバス形式の授業で、さまざまな国の大使をはじめ、世界で活躍している方々から豊かな体験を聴くことができます。担当の木村友保教授は、学生が英語で質問しやすい環境も整えてくださり、活発な意見交換も楽しいです。

 講義の延長で、昨冬はモルドバ大使館を訪問しました。おいしいモルドバワインの存在を初めて知り、このワインや日本の緑茶で輸出入を増やすことで、さらに強固な信頼関係を築けるようになるのではと提案しました。十月に大学三十周年で拡大版の授業があった時には、ジョージア、ウクライナ、アゼルバイジャン、モルドバの四カ国の大使と共に、世界の平和と繁栄のためにどこまで貢献できるかについても語り合いました。

 知らない世界を深く知ることができるのが、この講義の一番の魅力。未知の国への関心も高まり、将来海外でも働いてみたいと思うようになりました。

 大学生が「私の大学のお勧め」を紹介する「キャンパス イチ推し」を募集中。480字程度にまとめ写真とともにメール=koudai@chunichi.co.jp=へ。採用者に薄謝進呈。

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索