トップ > 特集・連載 > 改元特集 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

改元特集

新元号は「令和」(れいわ)

新元号「令和」を発表する菅官房長官=1日午前、首相官邸で

写真

◆新元号5月1日から 出典は万葉集

 政府は一日午前、「平成」に代わる新元号を「令和(れいわ)」に決定した。出典は日本最古の和歌集「万葉集」。中国古典(漢籍)ではなく、日本の古典(国書)を由来とする元号は確認できる限り初めて。今の天皇陛下が改元政令に署名され、午後に公布された。四月三十日の天皇陛下退位に伴い、皇太子さまが新天皇に即位される五月一日午前零時に施行される。皇位継承に先立ち、新元号が事前に公表されるのは憲政史上初めて。新元号は六四五年の「大化」から数えて二百四十八番目。一九七九年に制定された元号法に基づく改元は、「平成」に続き二例目となる。

 菅義偉官房長官が記者会見で公表した。出典について「『万葉集』巻五、梅花(うめのはな)の歌三十二首の序文」と説明した。「初春(しょしゅん)の令月(れいげつ)にして、気淑(きよ)く風和(やわら)ぎ、梅は鏡前(きょうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き、蘭(らん)は珮後(はいご)の香(こう)を薫(かおら)す」から引用した。春の月の美しさと空気の爽やかさを表現した文章。

 続いて安倍晋三首相が記者会見し、「令和」について「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味が込められている」と説明した。

 菅氏は新元号の考案者について「特定の個人との結び付きが強調されることになりかねない」と公表しない方針を表明。「新元号が国民に受け入れられ、日本人の生活の中に深く根ざすよう努める」と語った。

 政府は一日午前九時半からノーベル医学生理学賞受賞者の山中伸弥京都大教授ら有識者九人による「元号に関する懇談会」を官邸で開いた。山中氏によると、元号の原案として国書由来と漢籍由来がそれぞれ複数示され、有識者が意見を述べた。政府は衆参両院の正副議長の意見も聴いた上で全閣僚会議を経て臨時閣議で改元政令を決定した。

 これを受け、宮内庁の山本信一郎長官が天皇陛下に、西村泰彦次長が皇太子さまに新元号をそれぞれ報告した。

 皇太子さまはにこやかに「分かりました」とうなずかれたという。

 新元号の選定手続きは、八九年の平成改元時をほぼ踏襲した。国文学、漢文学、日本史学、東洋史学の四分野の中から専門家数人を選び、三月十四日に正式に新元号の考案を委嘱した。出された候補から数個に絞り、元号に関する懇談会に提案した。

 新元号は、元号選定手続きの要領に従い(1)国民の理想としてふさわしい良い意味を持つ(2)漢字二字(3)書きやすい(4)読みやすい(5)過去に元号や贈り名として用いられていない(6)俗用されていない−の六条件に留意して選ばれた。

 改元は、天皇一代に一つの元号とする「一世一元」制となった明治以降、天皇逝去に伴う皇位継承時に行われてきた。政府は今回、国会から退位特例法の付帯決議で「改元に伴って国民生活に支障が生じないようにする」と求められた点を重視。改元の一カ月前に新元号を発表し、官民の情報システム改修の準備期間を設けた。

 天皇陛下は二〇一六年八月、退位の意向をにじませるメッセージを公表。退位を一代限りで認める退位特例法が一七年六月に成立した。これを受け、一九年五月の天皇の代替わり、改元が決まった。首相は今年一月の年頭記者会見で、新元号を四月一日に事前に公表すると表明した。

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索