トップ > 特集・連載 > 医療 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

医療

 動脈硬化で耳への血流減?  「メタボ」で聴力低下も

5万人調査 肥満の人ほどリスク

 肥満に高血圧、代謝異常などが加わったメタボリック症候群は、多様な生活習慣病を引き起こすことが知られているが、聴力の低下にも関係していることが国立国際医療研究センターなどの大規模疫学研究で判明した。

 同センター疫学・予防研究部の溝上哲也部長らの研究チームが、関東・東海地方に本社のある企業十数社の従業員計約十万人を対象としたJ−ECOHという研究の一環として実施。二〇〇八〜一一年度の健康診断で聴力が正常だった二十〜六十四歳の約五万人を最大八年間追跡調査した。

写真

 対象者を「体格指数(BMI)が25以上の肥満か」と「血圧・血糖・中性脂肪・善玉コレステロールの値が二項目以上メタボリック症候群の基準に該当するか」との条件で四グループに分け、一〇〇〇ヘルツ未満の低音域と四〇〇〇ヘルツ超の高音域で、聴力低下が起きるリスクを比較した。

 その結果、BMI25未満の非肥満のグループを1としたときの25以上30未満のリスクは低音域で一・二二倍、30以上では一・七二倍になった。高音域でも同じく太っているほどリスクが高かった。

 その他のメタボ基準を加味すると、非肥満でその他基準に該当しないグループのリスクを1としたとき、低音域では非肥満・その他該当のグループは一・一九倍、肥満・その他非該当は一・二七倍、肥満・その他該当は一・四八倍となり、高音域でも同じ順番でリスクが高まることが分かった。

 研究チームは、高血圧や代謝異常による動脈硬化で血管が狭まったりふさがったりし、耳への血流が減少すること、肥満に伴う酸化ストレスや炎症、低酸素などで聴覚細胞が損傷することなどが影響するとみている。

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索